FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の発音

日本人の英語の発音が悪いのはなぜかという話題があります。

これはもうどうしようもない問題かもしれません。

中学生や高校生が授業で習う英語の時間、

物凄く良い発音で教科書を読むと、

くすくすどころか、大爆笑されることがあります。

このあたりの意識改革が必要ですが、

多感な頃にそんな発音が出来る勇気のある人はあまりいないでしょうね。

私もダンスのステップを教えるときに英語の名前を連呼しますが、

完全なカタカナ英語で、発音と言えるような大それたしゃべり方もできませんが、

とにかく分かりやすく伝わるように話すことを心がけています。

発音が悪くてもご了承ください。
スポンサーサイト

サラリーマン川柳

サラリーマン川柳が発表されました。

ホームページでは100位まで載っています。

ちなみに1位はおイマイチ存在感が無いように感じます。

『いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦』

私的には31位の川柳が面白いと思いました。


『妻と子に 話しかけたが 独り言』

サラリーマンのお父さんの悲哀が感じられます。

マタニティ・ハラスメント

最近マタハラという言葉を聞きました。

マタニティ・ハラスメントのことで、

妊娠することによって起こる仕事上の問題のことで、

代わりの者がいないために、

出産間近まで激務が続き、

死産や流産するケースもあるとのことです。

休めれるということならば問題ないのですが、

公務員や大企業の社員並みに自由には進まないのが、

中小企業の厳しいところでもあります。

妊娠・出産・産休と企業にとっても負担がかかることもあり、

少子化等もろもろの問題があるようですが、

この件に関しては何とかうまく解決できるようにしてもらいたいものです。


中国産の食品

中国産の食品の危険性が騒がれています。

私の子供の頃も合成着色料、酸化防止剤などの問題があって、

結構危険なものを口に入れていた時期がありましたが、

大人になってからは中国の食品でまたそういったものを食べてしまっています。

あえて産地で選んだとしても、これだけ生活の中に中国のものが入り込んでいては、

避けて通ることが出来ないかもしれませんね。

今更日本のものをと言っても、安物に飛びついた代償か、

日本の産業自体が揺らいでしまっているのが非常に残念ですね。

農業の大切さは親の世代から言われていますが、

それを値段だけで淘汰してしまった消費者がいる以上、

後戻りできない事態になってしまっています。

段取り八分

段取り八分ということわざがあります。

仕事をする上で事前の準備が大切であるという意味で、

段取りをきちんとしていれば、仕事の八割は終わっているのと同然である、

ということなのです。

ただ、最近の若い人は何やら違った解釈をしているようで、

『段取りを八分前に終わらせる』

ということで、書類を揃えるのも八分前を基準にしているという話を聞きました。

ちょっとニュアンスは違うと思いますが、

そういう心構えも大切かなと思います。

「何かお探しですか?」

アタシはいつも決まったお店にしか行かなので、

気にすることが無いのですが、

たまに違う店に行くと店員さんが

「何かお探しですか?」

と聞いてずっと店内を付いてくることがあります。

アタシは、見ているだけですから!とはっきり言いますが、

どうしたらよいかわからない生徒さんも多いようですね。

イヤホン差しっぱなしでも話しかけてこられるとぼやいていました。

店員さんも仕事ですからしょうがありませんが、

もっとゆっくりショッピングしたいなあという方も多いのではないでしょうか。

何とかならないものですかね。

ごん狐

ネットでごんぎつねの話が話題になっていました。

この物語を読んで書かれた感想文に問題があることを、

担任の教師から指摘された人の話です。



いたずら好きなキツネ・ゴンが、

母親に美味しいものを食べさせようと兵十が獲ったウナギを、

逃がしてしまういやずらをしたせいで、

母親が美味しい食事をすることなく亡くなったことを知ったゴンは、

罪滅ぼしの意味も込めて、栗やマツタケを兵十の家にせっせと運んでいました。

栗やマツタケが神様からのご褒美だと思っていた兵十。

ある時ゴンが栗やマツタケを運んでいるときに兵十に見つかり、銃で殺されてしまいます。

その時に栗やマツタケはゴンが運んでいたものと知った兵十。


あらすじはこうなのですが、物語を読んでいるだけで心が重くなります。

この感想文を子供い書かせると、だいたい「キツネがかわいそう」となるようですが、

子供ながらに「こそこそ罪滅ぼしをする方が悪い」

という感想文を書いたところ、担任が親に相談する事態になったそうです。

感想文なので自由に書いても良いと思いますが、

教師はそこまで踏み入って、指導するべきなのか。

小学生が、こそこそ罪滅ぼしするほうが悪いという感想を書いてはいけないのか。

普段の行動に、それに合致するような冷徹な行動があるのか、

少し気になる話題でした。


ワールドスタンダード

無意識にやってしまうことってありませんか?

たまにお菓子を床に落っことしてしまうのですが、

必ずフーフー息を吹きかけますね。

それだけではきっと埃は取れないと思うのですが、

確実にやってしまいます。

もったいないお化けが出るかもしれないということもありませんが、

小さいころからものは粗末にしてはいけないという、

日本人の質素な日常から来るものですが、

そういえば以前教室に通っていた外国人の方も、

床に落っことしたお菓子は、フーフー吹いて食べていました。

日本人だけではないようです。

ワールドスタンダードのようですよ。

遊園地の迷子預かり所

これ聞いた話ですが、

遊園地の迷子預かり所を託児所代わりに使う親がいるそうです。

親自身が楽しみたいがために、

子供に迷子センターに行ってきなさいという親もいるそうです。

ちょっとシンジラレナイ話ですね。

子供に話を聞くと、動物園に行きたかったそうで、

親に説得されて来たのですが、乗り物が怖くて一緒に乗れないときなど、

迷子預かり所に預けるそうですよ、最近の親は。

まあ開いた口がふさがらないです。

目覚まし時計

若い人って、朝起きられない方が多いようですね。

私も子供の頃は母に良く「遅刻するよ!」

と起こされたものでした。

ただ歳とともにというよりは、

体内時計が確立したような気がします。

一応安全の為に目覚ましはセットしておきますが、

大抵鳴る前に目が覚めます。

鳴ってもすぐ起きないと、

それが習慣になって、目覚ましが意味をなさなくなるのが怖いですね。
プロフィール

danceakiko

Author:danceakiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。